野本 聡 DOCTOR 医師紹介

野本 聡 So Nomoto

担当外来

一般整形外来・膝関節外来・リウマチ外来

ご挨拶

私は過去約30年間、神奈川県横浜市の基幹病院で整形外科とリウマチ科の診療に携わってまいりました。

キャリアの前半はスポーツ整形外科と外傷整形外科に主に従事しておりました。スポーツ整形外科医として日本サッカー協会に所属し、日本女子代表(現在のなでしこジャパン)の海外遠征に帯同した経験もあります。そのような環境下でスポーツ外傷、なかでもサッカーに多い膝関節外傷に対する内視鏡手術を数多く執刀してまいりました。また、神奈川県交通救急センター在勤中は、交通外傷による重症骨折(開放骨折など)の治療もたくさん行ってまいりました。

キャリアの後半では、横浜市東部病院の整形外科・リウマチ科部長として、主に運動器の慢性疾患、特に関節疾患の診療に多くのエネルギーを注いでまいりました。具体的には、私が専門とする膝の変形性関節症に対する保存的治療(特に運動療法)を地域住民に広める活動を継続的に行って参りました。もちろん重症例に対する手術(多くは人工関節置換術)も2000例以上執刀いたしましたが、最近は手術だけではなく再生医療(PRP療法など)にも従事しております。関節リウマチに対する最新の薬物治療(生物学的製剤や分子標的製剤)や手術治療の経験も豊富であります。その他、最近は骨粗鬆症に対する治療にも力を注いでおります。骨粗鬆症は多くの高齢者が持っている病気です。この病気自体には自覚症状はありませんが、軽微な力で骨折を起こしやすく、一度骨折を起こすと二度三度と骨折が続き(骨折の連鎖)寝たきりの原因になることが厄介です。骨粗鬆症は骨折を起こさないうちに発見し治療を開始することが非常に重要です。当クリニックでもこれらの取り組みを継続していく所存であります。

どうぞよろしくお願いいたします。

略歴

1982年:慶應義塾大学医学部卒業
1982年:慶應義塾大学医学部整形外科学教室入局
1999年:済生会神奈川県病院整形外科リウマチ科部長
2013年:慶應義塾大学医学部客員講師
2014年:東邦大学薬学部客員教授
2013年:済生会横浜市東部病院運動器センター長/整形外科部長
2018年:プライムコースとみなとみらいクリニック院長/理事長
2020年:足立慶友整形外科リウマチ科副院長

資格・所属学会

<資格>
義肢装具適合判定医
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ認定医
日本体育協会公認スポーツドクター
(日本サッカー協会より推薦)
日本骨折治療学会評議員
日本リウマチ学会指導医
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本リウマチ財団登録医
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本静脈経腸栄養学会TNTコース終了
日本骨粗鬆症学会認定医
日本リウマチ学会登録ソノグラファー

<所属学会>
日本整形外科学会
日本リウマチ学会
日本整形外科スポーツ医学会
International Society of Arthroscopy, Knee surgery and Orthopedic Sports Medicine (ISAKOS)
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
日本人工関節学会
日本最小侵襲整形外科学会(MIOS)
日本骨折治療学会(評議員)
日本骨粗鬆症学会

著書・メディアなど(最近10年間の主なもの)

  1. 患者教育プログラム(人工関節置換術)

    総合リハビリテーション 38(5):445-450,2010

  2. リウマチの整形外科治療 -最新の状況―

    日本リウマチ友の会 流「会報かながわ」100:12-14, 2010

  3. ひざの痛みがスッキリ消える

    日本文芸社 2017年

  4. 最新の関節リウマチ治療

    日本リウマチ友の会 流「会報かながわ」 112号 2017(9);12-15

  5. 人工膝関節手術

    オペナーシング 2020年春季増刊「解剖・疾患・手術すべてマスター!整形外科 器械出し・外回り 最強マニュアル(下肢編):165-1782020

  6. 膝関節の痛みを軽減

    神奈川新聞、2011年1月18日

  7. 骨粗鬆症・骨折を防ぐ運動(テレビ出演)

    教えて!ドクター 家族の健康 BSテレ東 2020年2月22日

  8. スーパードクター(テレビ出演)

    スーパードクター 東京MXTV 2020年2月27日

information 診療案内