小松 秀郎 DOCTOR 医師紹介

小松 秀郎 Shuro Komatsu

担当外来

肩関節外来

ご挨拶

私は学生時代にバスケットボールをしていた経験から、肩や膝の関節の痛みを治療する医師を志しました。

これまで勤務した病院の患者さんはスポーツ選手もいましたが、スポーツをしていない子供からお年寄りまで診察させていただき、関節の痛みがなく元気に生活ができることを目指してきました。それに加えて、現在はプロ野球の東京ヤクルトスワローズのチームドクターとしての経験も皆さんの診療に生かして、サポートしていきます。

肩に痛みのある方は、レントゲンやMRIなど必要な検査をして原因をはっきりさせた上で、まずはリハビリ(運動療法)を始めることが多いです。しかしどうしても手術が必要な場合は、関節鏡による傷が小さく出血が少ない体に負担の少ない方法を主に行っています。

他院に受診してもなかなかよくならない肩の痛みを抱えている患者様は、ぜひ一度ご相談ください。

(肩関節外来に受診を希望される患者様はこちらもお読みください。)

略歴

2004年:北里大学医学部卒業
2004年:仙台市立病院初期研修 整形外科
2007年:北里研究所病院 整形外科
2011年:川口工業総合病院 整形外科
2013年:慶応義塾大学 スポーツ医学総合センター
2014年:ヤクルト球団診療所 管理者(現職)
2017年:北里研究所病院 総合スポーツ医学センター副センター長(兼務)
2019年:慶應義塾大学 スポーツ医学研究センター 研究員

資格・所属学会

日本専門医機構認定整形外科専門医
日本肩関節学会
日本関節鏡・膝・スポーツ学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本臨床スポーツ医学会

論文

1.プロ野球選手に特有の肉離れ〜腱板筋肉離れの実態〜

 日本臨床スポーツ医学会誌,27(2), 195-197: 2019

2.プロ野球選手における投球と腱板の厚さについて

 日本整形外科スポーツ医学会誌,37(1), 37-41: 2017

3.大学水泳選手における肩痛と超音波所見・理学所見との関連

 日本整形外科スポーツ医学会誌,36(1),55-59: 2016

4.鏡視下腱板修復術後の機能回復と疼痛閾値について

 肩関節,36(2),497-501: 2012

著書

1.ジェネラリストのための外来初療・処置ガイド(医学書院)

 野球肩,野球肘,テニス肘の項目

2.スポーツエコー診療 Golden Standard(南山堂)

 肩関連の項目

information 診療案内