足立慶友医療コラム

当院での家屋調査のご案内

2020.05.05

当院(足立慶友整形外科)に併設された足立慶友リハビリテーション病院では、退院後に自宅で安全に生活できるように、入院中の方を対象とした家屋調査を行っております。

患者様とともにリハビリスタッフ・ケアマネージャー・福祉業者などが自宅に伺います。

調査結果を元に自宅での生活を想定し、必要なリハビリの提供・住宅環境整備の提案・サービス調整を行います。

今回は、その家屋調査についてご案内致します。

家屋調査の対象

家屋調査を行うべきと考える患者様は以下のような方々です。

・医師や当院のスタッフ間で相談し、必要と判断した方

・自宅退院に向けて不安のある方

ご家族や本人が住宅改修を希望する場合

家屋調査の改修例

当院から以下のような修繕・改修を提案いたします。

介護保険を申請されれば、修繕や改修に対して介護保険を使用することが可能です。

①階段や玄関での動作確認ならび手すり設置

→階段や上り框の昇降動作を円滑にします。

②布団から介護ベッドへの変更

→布団(床)からの立ち上がりを解消し、夜間や寝起き時の転倒リスクを減らします。

③シャワーチェアや浴槽の高さの調節

→濡れた床を移動するのが怖い方や、浴槽を跨ぐのが大変な方に対し行います。

 

家屋調査の方法

ご家族と当院のスタッフが相談し、日程を決めます。

自家用車または、介護タクシーや通常のタクシーを使用します。

また乗り降りの介助や急変に対応する為、訪問する際のスタッフも同乗致します。

家屋調査の所要時間は、移動を含めて2時間程度です。

実際に生活動線・範囲を聴取し、動作を確認しながら改修する場所を検討していきます。

家屋調査時の注意点

注意点は以下になります、予めご了承ください。

・自家用車での移動を希望される方は、当院の駐車場をご利用下さい。

(2時間以内の駐車は、駐車券をナースステーションにご提示下さい。)

・タクシー(介護も含む)は、患者様、また家族様ご負担になります。

家屋調査に費用がはかかりませんが、改修を行う場合は業務委託となりますので別途費用がかかります。

(介護保険をお持ちの方は、保険給付の対象になり利用限度は、20万円までとされています。)

・リハビリへプログラム反映や当院でのスタッフの情報共有の為、必要な箇所の写真撮影を行わせて頂きます。

入院を検討されている方や、ご家族がお家での移動に大変さを感じているなどありましたら、是非一度当院までご相談ください。

当院のご紹介

各部門の専門家が集まった専門外来を設置

当院は、一般的な関節の痛みや筋肉の痛みを診る整形外科の他に、「脊椎(首・腰)」、「肩関節」、「股関節」、「膝関節」、「手」、「足」とそれぞれの専門家が集まった専門外来を用意しております。

他院で診断がつかない症状に関して、各領域の専門家が診察をいたします。

整形外科のご案内

手や足が痺れる、膝や股関節は痛い、背中が曲がってきたなどの症状でお困りの方へ

都内最大級のリハビリ室を完備

患者様の健康を取り戻すため、当院ではリハビリテーションに力を入れております。

国家資格を有するセラピスト達が、責任を持って治療を行います。

リハビリテーション科のご案内

腰が痛い、姿勢が悪い、歩くとふらつくなどの症状でお困りの方へ

交通事故診療に強い整形外科専門医が診察

不幸にも交通事故に遭われた患者様の多くは、「事故のことは保険屋さんに聞けば良いが、体の不調をどこに相談すれば良いのかわからない」という悩みを抱えていらっしゃいます。

当院では交通事故診療に強い整形外科専門医が治療を行います。ぜひ一度ご相談ください。

交通事故にあわれた方へ

当院は、整形外科専門医が交通事故治療を行う医療機関です。

Author

竹内 雄登

理学療法士・ピラティスインストラクター・住環境福祉コーディネーター

Symptoms 症状から探す

症状から探す

Latest Column 最新のコラム

バスケットボールとオスグットの関係・リハビリ・復帰まで

バスケットボールとオスグットの関係・リハビリ・復帰まで

2021.10.11

腰椎分離症のリハビリテーション

腰椎分離症のリハビリテーション

2021.10.04

くるぶしから足裏のしびれ:足根管症候群とリハビリテーションについて

くるぶしから足裏のしびれ:足根管症候群とリハビリテーションについて

2021.10.01

膝の痛み。進行すると手術?変形性膝関節症を予防する

膝の痛み。進行すると手術?変形性膝関節症を予防する

2021.09.28

前十字靭帯を損傷したら手術は必要ですか?

前十字靭帯を損傷したら手術は必要ですか?

2021.09.28

Ranking よく読まれているコラム

information 診療案内