足立慶友医療コラム

今回は、自宅で座ったまま行える、股関節回りの運動を紹介していきます。

今回のエクササイズは、「ランジエクササイズ」になります。腰痛や膝痛にお悩みの方は、ぜひ行ってみてください。

オンライン予約はこちら

当院のご紹介

今回のエクササイズのポイント

ランジエクササイズは、足を鍛えるためのエクササイズとしてスポーツ現場でも行われています。

ランジエクササイズは、「足を一歩前に出して踏ん張って鍛える」のが一般的です。

今回のエクササイズは、一般的な物とは少し異なり、前後への重心移動が少なく、股関節の安定性を高めるためのエクササイズになっています。

股関節が安定していないとバランスが取りづらく、上下に曲げ伸ばしをしたときにグラグラしてしまいます。

バランス能力が必要なエクササイズである分、股関節を安定させることで、膝や腰の余計なストレスを減らしていきましょう。

効果

① 股関節周りの筋力強化
② バランス能力向上

回数

10回から始めていきましょう。できる方は20回を目指しましょう。

動作方法

下の動画も確認しつつ、以下の動きを行ってください。

①片膝立ちになり、骨盤を正面に向け、足と膝の向きを合わせます。
②股関節でねじり上げる、お尻を締めるような意識で上に伸び、ランジの姿勢になります。
③身体の真ん中の軸を意識しながら、上下に曲げ伸ばしを行います。

注意点

呼吸を止めないようにしましょう。痛みのない範囲で行ってください。
重心の前後の移動をできるだけ少なくしましょう。
バランス能力が必要なので、転倒に注意してください。物につかまりながら行っても構いません。

※違和感や痛みがある場合は、無理をしないようにしてください。エクササイズにより痛みや異変を生じた場合は、直ちエクササイズをに中止してください。

エクササイズ紹介

他にも自宅でできる簡単エクササイズを紹介していますので、ご興味があれば見てみてください。

https://www.instagram.com/keisuke_pilates_pt/

オンライン予約はこちら

当院のご紹介

整形外科の診療に必要な『すべて』が揃った診療所

当院は、各種専門領域を持った医師の診療に加え、大学病院と同様の医療機器を有し、かつ、理学療法士・作業療法士によりリハビリテーションも積極的におこなっている診療所です。また、併設の足立慶友リハビリテーション病院では手術加療も行なっております。

そのため当院では、整形外科疾患におけるほぼ全ての治療を提供することができます。

初めての患者さまへ当院のご紹介

当院の『7つの特徴』や『ミッション』についてご案内いたします。

各部門の専門家が集まった特殊外来を設置

当院は、一般的な関節の痛みや筋肉の痛みを診る整形外科の他に、「脊椎(首・腰)」、「肩関節」、「股関節」、「膝関節」、「手」、「足」とそれぞれの専門家が集まった専門外来を用意しております。

他院で診断がつかない症状に関して、各領域の専門家が診察をいたします。

整形外科のご案内

手や足が痺れる、膝や股関節は痛い、背中が曲がってきたなどの症状でお困りの方へ。

都内最大級のリハビリ室を完備

患者様の健康を取り戻すため、当院ではリハビリテーションに力を入れております。

国家資格を有するセラピスト達が、責任を持って治療を行います。

リハビリテーション科のご案内

腰が痛い、姿勢が悪い、歩くとふらつくなどの症状でお困りの方へ。

交通事故診療に強い整形外科専門医が診察

不幸にも交通事故に遭われた患者様の多くは、「事故のことは保険屋さんに聞けば良いが、体の不調をどこに相談すれば良いのかわからない」という悩みを抱えていらっしゃいます。

当院では交通事故診療に強い整形外科専門医が治療を行います。ぜひ一度ご相談ください。

交通事故にあわれた方へ

当院は、整形外科専門医が交通事故治療を行う医

Author

高橋佳佑

理学療法士、ピラティスインストラクター

Symptoms 症状から探す

症状から探す

Latest Column 最新のコラム

ACL断裂術後のバスケットボール復帰までの復帰基準・練習方法

ACL断裂術後のバスケットボール復帰までの復帰基準・練習方法

2021.05.03

バスケットボールと前十字靭帯断裂の関係・原因・予防

バスケットボールと前十字靭帯断裂の関係・原因・予防

2021.04.26

腱板断裂とは 原因と治療方針について

腱板断裂とは 原因と治療方針について

2021.04.19

投球障害肩(野球肩)について

投球障害肩(野球肩)について

2021.04.12

前十字靭帯を損傷したら手術は必要ですか?

前十字靭帯を損傷したら手術は必要ですか?

2021.04.05

Ranking よく読まれているコラム

information 診療案内