足立慶友医療コラム

関節リウマチの抗炎症薬治療について

2019.11.04

今回は、関節リウマチの治療において関節炎による疼痛を緩和させるために用いる抗炎症薬(リリーバー)についてまとめました。

リリーバーをうまく使用することで、疼痛緩和だけでなくコントローラーである抗リウマチ薬の効果を高めることが報告されております。

今回の10秒まとめ

① 関節リウマチ治療では2種類の抗炎症薬(リリーバー)は用いる。

② NSAIDsはプロスタグランジンの合成を阻害することで抗炎症効果を発揮する。

③ NSAIDsは薬剤によって特徴が異なるため、その特徴を生かして治療を行う必要がある。

④ 急性疼痛の場合、NSAIDsの短時間作用型を使用する。

⑤ NSAIDsの長期間の内服は、腎機能障害や消化管出血などの危険性がある。

⑥ 関節リウマチ治療において、ステロイドの全身投与は症状の早期緩和に極めて有効である。

⑦ DMARDsとの併用で関節破壊の進行を止める可能性が示唆されている。

⑧ 5mg/日以上でステロイド投与を行う場合は、副作用の発現に注意する必要がある。

⑨ イグラチモドは、疼痛コントロールや膠原病合併抑制効果が期待できる。

⑩ トファシチンブは、他のDMARDs効果不十分例に投与を検討する。

 

2つの抗炎症薬

関節リウマチ治療に用いられる抗炎症薬(リリーバー)には以下の2種類があります。

① 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

② ステロイド

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

特徴

① 炎症や疼痛にはプロスタグランジン(PG)が関与している。

② PGの産生にはCOXと呼ばれる酵素が関与している。

③ NSAIDsはCOXの働きを阻害することでPG産生を抑制し抗炎症作用を発揮する。

④ COXにはCOX-1とCOX-2がある。

⑤ COX-1は胃粘膜保護・止血・腎機能の維持に関与し、COX-2は炎症反応に関与している。

⑥ NSAIDsはCOX-2の阻害により効果を発現し、COX-1の阻害により副作用を引き起こす。

⑦ NSAIDsには様々な薬剤があり、その特徴に合わせて処方を行う。

⑧ 局所の発赤・腫脹・熱感を伴う炎症性の痛みがNSAIDsの良い適応である。

⑨ ステロイドの内服は、生理的コルチゾールの分泌に合わせて朝内服を行う。

⑩ 減量する時は約10%程度減量していく。

薬剤の使い分け

① 比較的抗炎症・鎮痛作用の強いもの

1)ジクロフェナク(ボルタレン®︎)

2)ナプロキセン(ナイキサン®︎)

② 抗炎症作用と胃腸障害のバランスが良いもの

1)ロキソプロフェン(ロキソニン®︎)

③ 胃腸障害が比較的少ないもの

1)エトドクラ(ハイペン®︎)

2)メロキシカム(ナイキサン®︎)

④ COX-2選択的阻害薬

1)セレコキジブ(セレコックス®︎)

ステロイド

特徴

① 関節リウマチに対するステロイドの全身投与は症状の早期緩和に極めて有効である。

② 低容量(5~10mg/日)の投与はX線上の関節破壊を遅らせる。

③ 5mg/日以下の低容量投与ではCushing症状・体重増加などの副作用が避けられる可能性がある。

④ 7.5mg/日以上の投与量では緑内障などの副作用の発現に注意が必要である。

⑤ 骨粗鬆症の可能性がある場合は、ビスフォスフォネートやビタミンDの投与を行う。

⑥ 生理的な血中コルチゾールの増減に合わせて、基本的には朝投与を行う。

⑦ 減量を行う場合は、約10%づつ減量を行っていく。

 

当院のご紹介

各部門の専門家が集まった専門外来を設置

当院は、一般的な関節の痛みや筋肉の痛みを診る整形外科の他に、「脊椎(首・腰)」、「肩関節」、「股関節」、「膝関節」、「手」、「足」とそれぞれの専門家が集まった専門外来を用意しております。

他院で診断がつかない症状に関して、各領域の専門家が診察をいたします。

整形外科のご案内

手や足が痺れる、膝や股関節は痛い、背中が曲がってきたなどの症状でお困りの方へ

都内最大級のリハビリ室を完備

患者様の健康を取り戻すため、当院ではリハビリテーションに力を入れております。

国家資格を有するセラピスト達が、責任を持って治療を行います。

リハビリテーション科のご案内

腰が痛い、姿勢が悪い、歩くとふらつくなどの症状でお困りの方へ

交通事故診療に強い整形外科専門医が診察

不幸にも交通事故に遭われた患者様の多くは、「事故のことは保険屋さんに聞けば良いが、体の不調をどこに相談すれば良いのかわからない」という悩みを抱えていらっしゃいます。

当院では交通事故診療に強い整形外科専門医が治療を行います。ぜひ一度ご相談ください。

交通事故にあわれた方へ

当院は、整形外科専門医が交通事故治療を行う医療機関です。

Author

北城 雅照

医療法人社団新潮会 理事長
医師・医学博士、経営心理士

Symptoms 症状から探す

症状から探す

Latest Column 最新のコラム

その痛み『変形性膝関節症』かもしれません。慶友整形外科勉強会その③

その痛み『変形性膝関節症』かもしれません。慶友整形外科勉強会その③

2022.07.20

その痛み『変形性膝関節症』かもしれません。慶友整形外科勉強会その②

その痛み『変形性膝関節症』かもしれません。慶友整形外科勉強会その②

2022.07.13

その痛み『変形性膝関節症』かもしれません。慶友整形外科勉強会その①

その痛み『変形性膝関節症』かもしれません。慶友整形外科勉強会その①

2022.07.06

サーフィン競技に多い慢性疾患とは?

サーフィン競技に多い慢性疾患とは?

2022.04.20

アキレス腱断裂について

アキレス腱断裂について

2022.04.06

Ranking よく読まれているコラム

information 診療案内