足立慶友医療コラム

今回は、皆様が悩むことの多い腰痛についてお伝えしたいと思います。

今回の10秒まとめ

① 腰痛は『病名』ではなく『症状』。

② 腰痛の15%は『特異的腰痛』と呼ばれ、背景にある疾患が明確な腰痛であり、85%は原因が不明な『非特異的腰痛』である。

③ 『非特異的腰痛』には、生活習慣に伴う『不良姿勢』が大きく関与している。

④ 腰痛が生じるのは、人間が直立二足歩行を獲得した結果と考えられる。

⑤ 腰部ばかりが原因ではなく、股関節の可動域低下も腰痛の原因と1つと考えられる。

⑥ 原因に対して適切に対処していくことが、腰痛治療にとって最も大切なことである。

オンライン予約はこちら

当院のご紹介

腰痛は病名ではなく症状

腰痛は、その名の通り腰部を中心とした痛みや張りの訴えになります。

腰痛という「病気の名前」はなく、腰痛はあくまで「症状」です。

そのため、腰痛になる原因を発見しなければ、腰痛を改善することができません。

腰痛の原因

腰痛の85%は原因不明だと言われています。

原因不明の腰痛を「非特異的腰痛」、残りの15%は原因を特定できる「特異的腰痛」と2種類に大きく分けられます。

特異的腰痛の原因となる代表的な病気は以下の通りになります。

・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎圧迫骨折
・脊椎炎 

非特異的腰痛は以下のような原因が考えられています。

・筋・筋膜性腰痛
・椎間関節性腰痛
・仙腸関節性腰痛
・椎間板性腰痛
・心因性腰痛

これらの中から、腰痛の原因を推定するために、問診、画像所見、しびれ等の神経症状の有無を確認します。

しかし、非特異的腰痛に関しては、生活習慣、職業、ストレスなどの関連も大きくあります。

だからこそ、原因を断定することが難しくなり、慢性化する腰痛に悩む方が多くいるとも考えられます。

腰痛と人間の進化の過程

そもそもなぜ、現代の私たちは腰痛に悩まされることになったのか?

原因は、人間の進化の過程にあります。人間は、四足歩行から直立二足歩行での移動様式へ進化を遂げました。

その進化の過程において、重力に抗して背骨が垂直になり、背骨のS字カーブ、腰椎の前弯(反り)が生まれました。

背骨のS字カーブがあることで、垂直方向にかかる負担が少なくなります。反対に、背骨のS字カーブが崩れると、腰椎や椎間板など、腰椎周辺の組織に負担がかかってしまい、上記したような腰痛の原因になってしまいます。

したがって、腰痛は直立二足歩行を獲得した人間特有の症状になります。

椎体の間のクッションの役割を担う椎間板は、上下方向への衝撃には強いですが、横方向やねじれる方向へのストレスには弱いです。特に日常生活の中では、腰をねじるようなストレスがかかりやすいので、それで腰痛を引き起こすことも多くなっています。

腰痛の現代を取り巻く環境

腰痛は、現代を取り巻く生活様式、環境の影響がかなり大きいです。それが以下の通りです。

・猫背や反り腰などの不良姿勢
・デスクワークでの座位時間の長さ
・中腰での重労働
・運動不足
・精神的なストレス
・ソファーの座りすぎ

猫背のように背中が丸まった姿勢や腰が反りすぎている姿勢も、不良姿勢=腰痛と密接につながるわけではありませんが、
そういった姿勢が持続することで、筋肉が硬くなり、血流が悪化することで腰痛になることにつながります。

日常生活の中で、圧倒的に座っている時間が増えていること、固定的な姿勢の取りすぎが問題です。

ずっと座っていたあとや立ちっぱなしでいると腰が痛くなったり、重くなったりすることが皆さまの中でも経験があるかと思います。

だから、定期的に姿勢を変えたりストレッチをするなどして対応していく必要があります。

現代の生活が便利になり、生活がしやすくなっているがゆえに、腰部に負担がかかる生活になってきています。
腰痛がある方に関しては、日常生活の中に腰痛の原因がないかどうか振り返ってみてください。

腰痛と股関節の関連

変形性股関節症のような股関節疾患と、腰部脊柱管狭窄症などの腰椎疾患は、加齢とともに増加し、同時に併発したり、双方に影響を及ぼしてあっています。そのため、「Hip-Spine Syndrome」とも言われ、股関節と骨盤、腰椎には密接なつながりがあると言われています。

・股関節の動きが悪くなれば、腰椎に負担がかかる。
・腰椎の動きが悪くなれば、股関節に負担がかかる。

腰痛だからといって、腰部のみに原因があるとは限りません。

股関節の動きの悪さ、股関節の不安定性が原因となって、腰椎に負担がかかり腰痛になっていることも多くあります。

特に、変形性股関節症では多く見受けられます。股関節の安定性を高めるために、骨盤前傾、腰椎前弯が強くなることで腰痛を引き起こします。その場合は、股関節の問題が大きいので、腰痛の治療には注意が必要です。

腰痛が腰部に原因があるのか、もしくは股関節のように他の関節の影響があるのか、適切に腰痛の原因を評価する必要があります。

腰痛の予防および対処法

腰痛は原因が不明な場合が多く、そのまま放っておくと慢性的な症状になってしまいます。

腰痛の原因がないかどうか、自分の生活を振り返ってみてください。腰痛の症状が出現するときはどんな場面なのかを知るだけでも、対処法を考えるきっかけになります。

腰部脊柱管狭窄症等で、腰痛を放っておいて状態が悪化してしまうと、最終的には手術でしか対応できない可能性もあります。

その状態になる前に、腰痛がある場合は、必ず医療機関を受診して診察を受けてみてください。

腰痛の原因となる疾患の記事も是非お読みください。

仙腸関節障害:腰痛・臀部痛の原因の1つ

腰部脊柱管狭窄症について

腰椎椎間板ヘルニア:腰から足のしびれ・痛み

腰痛について(腰部の筋肉・筋膜由来の腰痛)

腰椎圧迫骨折:高齢者の持続する腰痛

オンライン予約はこちら

当院のご紹介

整形外科の診療に必要な『すべて』が揃った診療所

当院は、各種専門領域を持った医師の診療に加え、大学病院と同様の医療機器を有し、かつ、理学療法士・作業療法士によりリハビリテーションも積極的におこなっている診療所です。また、併設の足立慶友リハビリテーション病院では手術加療も行なっております。

そのため当院では、整形外科疾患におけるほぼ全ての治療を提供することができます。

初めての患者さまへ当院のご紹介

当院の『7つの特徴』や『ミッション』についてご案内いたします。

各部門の専門家が集まった特殊外来を設置

当院は、一般的な関節の痛みや筋肉の痛みを診る整形外科の他に、「脊椎(首・腰)」、「肩関節」、「股関節」、「膝関節」、「手」、「足」とそれぞれの専門家が集まった専門外来を用意しております。

他院で診断がつかない症状に関して、各領域の専門家が診察をいたします。

整形外科のご案内

手や足が痺れる、膝や股関節は痛い、背中が曲がってきたなどの症状でお困りの方へ。

都内最大級のリハビリ室を完備

患者様の健康を取り戻すため、当院ではリハビリテーションに力を入れております。

国家資格を有するセラピスト達が、責任を持って治療を行います。

リハビリテーション科のご案内

腰が痛い、姿勢が悪い、歩くとふらつくなどの症状でお困りの方へ。

交通事故診療に強い整形外科専門医が診察

不幸にも交通事故に遭われた患者様の多くは、「事故のことは保険屋さんに聞けば良いが、体の不調をどこに相談すれば良いのかわからない」という悩みを抱えていらっしゃいます。

当院では交通事故診療に強い整形外科専門医が治療を行います。ぜひ一度ご相談ください。

交通事故にあわれた方へ

当院は、整形外科専門医が交通事故治療を行う医療機関です。

Author

高橋佳佑

理学療法士、ピラティスインストラクター

Symptoms 症状から探す

症状から探す

Latest Column 最新のコラム

ACL断裂術後のバスケットボール復帰までの復帰基準・練習方法

ACL断裂術後のバスケットボール復帰までの復帰基準・練習方法

2021.05.03

バスケットボールと前十字靭帯断裂の関係・原因・予防

バスケットボールと前十字靭帯断裂の関係・原因・予防

2021.04.26

腱板断裂とは 原因と治療方針について

腱板断裂とは 原因と治療方針について

2021.04.19

投球障害肩(野球肩)について

投球障害肩(野球肩)について

2021.04.12

前十字靭帯を損傷したら手術は必要ですか?

前十字靭帯を損傷したら手術は必要ですか?

2021.04.05

Ranking よく読まれているコラム

information 診療案内