足立慶友医療コラム

自宅でできる!猫背改善エクササイズ④

2020.05.11

腰背部

今回は、腰痛や肩こり、首こりの原因になりやすい「猫背」を改善するために『自宅でできる猫背改善エクササイズ』を紹介したいと思います。

今回のエクササイズのポイント

猫背の概要やエクササイズ①.②.③については以下の記事をご参照ください。

自宅でできる!猫背改善エクササイズ①

自宅でできる!猫背改善エクササイズ②

自宅でできる!猫背改善エクササイズ③

今回は猫背改善エクササイズ④になりますが、猫背改善のためには良い姿勢をとれる可動性が必要です。

そのためには、胸椎の伸展(反り)や胸の前側が伸びることが必要です。

可動性、柔軟性については、エクササイズ①.②.③で改善方法をお伝えしているので、ぜひ実践してみてください。

それに加えて、良い姿勢を保つことがとても重要です。

良い姿勢を保つためには、背筋を使って身体を直立に保つことが重要です。

しかし、背筋を鍛えるときに、反る意識が強くなってしまい腰を痛めてしまう方も多いです。

背筋のエクササイズを行うポイントとして、

「反るというよりも、伸びること」を意識して動いていきましょう!

それを意識して、以下のエクササイズを行ってみてください。

効果

① 猫背姿勢を改善する。
② 背筋の筋力を強化する。

回数

まずは10回から行っていきましょう。

その後、上手くできるようになったら20回を目指していきましょう。

動作方法

下の動画も確認しつつ、以下の動きを行ってください。

①うつ伏せになり、両手は親指を上に向けて上に伸ばす。両足は踵を外に向けるようにして伸ばす。
②息を吸いながら、四肢を引っ張り合うようなイメージで少し浮かせる。
※②がスーパーマンの形!
③息を吐きながら、伸びを保ったまま四肢を下ろす。

注意点

腰を反りすぎないようにする。
手足を上げるバランスを注意する。

呼吸を止めないようにしましょう。

※違和感や痛みがある場合は、無理をしないようにしてください。エクササイズにより痛みや異変を生じた場合は、直ちエクササイズをに中止してください。

エクササイズ紹介

他にも自宅でできる簡単エクササイズを紹介していますので、ご興味があれば見てみてください。

https://www.instagram.com/keisuke_pilates_pt/

当院のご紹介

各部門の専門家が集まった専門外来を設置

当院は、一般的な関節の痛みや筋肉の痛みを診る整形外科の他に、「脊椎(首・腰)」、「肩関節」、「股関節」、「膝関節」、「手」、「足」とそれぞれの専門家が集まった専門外来を用意しております。

他院で診断がつかない症状に関して、各領域の専門家が診察をいたします。

整形外科のご案内

手や足が痺れる、膝や股関節は痛い、背中が曲がってきたなどの症状でお困りの方へ

都内最大級のリハビリ室を完備

患者様の健康を取り戻すため、当院ではリハビリテーションに力を入れております。

国家資格を有するセラピスト達が、責任を持って治療を行います。

リハビリテーション科のご案内

腰が痛い、姿勢が悪い、歩くとふらつくなどの症状でお困りの方へ

交通事故診療に強い整形外科専門医が診察

不幸にも交通事故に遭われた患者様の多くは、「事故のことは保険屋さんに聞けば良いが、体の不調をどこに相談すれば良いのかわからない」という悩みを抱えていらっしゃいます。

当院では交通事故診療に強い整形外科専門医が治療を行います。ぜひ一度ご相談ください。

交通事故にあわれた方へ

当院は、整形外科専門医が交通事故治療を行う医療機関

Author

高橋佳佑

理学療法士、ピラティスインストラクター

Symptoms 症状から探す

症状から探す

Latest Column 最新のコラム

アキレス腱断裂の手術方法、リハビリについて

アキレス腱断裂の手術方法、リハビリについて

2022.11.28

第104回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)のメディカルサポート報告 ②

第104回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)のメディカルサポート報告 ②

2022.11.21

第104回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)のメディカルサポート報告 ①

第104回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)のメディカルサポート報告 ①

2022.11.14

全国障害者スポーツ大会 帯同報告

全国障害者スポーツ大会 帯同報告

2022.11.07

反り腰について、その原因と治療法を解説します!

反り腰について、その原因と治療法を解説します!

2022.09.27

Ranking よく読まれているコラム

information 診療案内